2020年08月22日

善きサマリア人 No.0147

暑さ疲れの善きサマリア人。
目・鼻・口は描かない予定で描き始めたが、何故か
描いてしまっている。
上手くいかないのは暑さのせいだろう。




CIMG1996.JPG
2020.08.22 kazuo Adamski oil on canvas F8
"Good Samaritan No.0147"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 08:06 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2020年08月20日

"The Summer whirlpool "

ウナギとスイカは20年一度も口にしてないが私は生存
している。
ウナギとスイカが消滅しても生きていられるが、絵具が
無くなると死ぬかもしれない。
暑さ我慢もあと1週間だろうから何とか生きよう。




CIMG1994.JPG
2020.08.20 kazuo Adamski oil on canvas F8  
"The Summer whirlpool "

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 08:32 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2020年08月19日

善きサマリア人 No.0146

熱中症寸前の善きサマリア人。
制作1日目が良くて、描き込みと共に絵がダメに
なる傾向が続いている。
目と鼻と口を描かない努力をしよう。


CIMG1993.JPG
2020.08.19 kazuo Adamski oil on canvas F8
"Good Samaritan No.0146"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 07:57 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2020年08月17日

"The heat stroke "

連日の暑さで睡眠不足が続いている。
思考は停止し、ただ息をするだけの生物と化している。



CIMG1992.JPG
2020.08.17 kazuo Adamski oil on canvas F8  
"The heat stroke "

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 09:43 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2020年08月16日

善きサマリア人 No.0145

バッタ襲来を待つ善きサマリア人。
連日の暑さで思考停止状態。
熱中症トリップで新しい絵を探ろう。


CIMG1991.JPG
2020.08.16 kazuo Adamski oil on canvas F8
"Good Samaritan No.0145"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 10:02 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2020年08月14日

"The Summer scent"

暑さと貧乏で無気力状態。
お金があれば涼しい場所で気力ある絵が描ける気が
する。
この暑さも、あと1週間の我慢だろう。



CIMG1990.JPG
2020.08.14 kazuo Adamski oil on canvas F8  
"The Summer scent"


Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 07:28 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論

2020年08月13日

善きサマリア人 No.0144

熱中症気味の善きサマリア人。
暑いので漠然と描いている。
昨今の暑さは命の危険を感じる状況。
人生の終りは、突然やってくる。


CIMG1988.JPG
2020.08.13 kazuo Adamski oil on canvas F8
"Good Samaritan No.0144"

Production day 1
Production day 2
Production day 3
Production day 4
posted by monet at 10:07 | TrackBack(0) | 鍋屋横丁芸術論